数学のパラドックス

user-pic
0
皆さんはモンティホール問題というものを知っていますか?

この話は数学者も迷った数学のパラドックスの話です。
あるクイズ番組のコーナーのお話で、挑戦者の前に3つのドアが現れ、そのうち一つのドアの向こうにはあたりの景品があり、残りの2つのドアはハズレです。
挑戦者は3つのドアから1つを選び、それを司会者に伝えると残りの2つのドアのうち、ハズレのドアを1つ教えてくれます。
そして残った1つのドアに変えるか変えないか尋ねられます。

皆さんが挑戦者ならドアを変えますか?
実はこれは変えた方があたりを開ける確率が2倍になるんです。
ここには条件付き確率というものが深く関わってきます。
この話を詳しく知りたい方は、ネットでモンティホール問題と検索してみてください。

明日も調剤業務がんばってきます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、きんぺいが2021年8月31日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とりあえず開幕しましたが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク